アラフォーになると肌の老化は否めません。

つい最近まで無かったはずの小じわや顔全体の輪郭のぼやけ…いろいろな老化が顕わになって、肌の老化に気がついただけで、一気に年を取った気分になります。

で、目元の小じわが気になりだしたあたりから、せっせとエイジングケアを始めました。 子供もいるし、ダンナの給料は増えないので出来るだけリーズナブルに…をモットーにいろいろ試してみました。

結局のところ丁寧に汚れを落として、充分に栄養をあげる、コレが一番だってコトに気が付きました。

リーズナブルにって言いながらも、ちょっと高めの洗顔石鹸や化粧水に手を出したりしましたが、やっぱり洗顔の方法、そして化粧水や美容液のつけ方が大切です。

洗顔は個人的には洗顔石鹸を丁寧に泡立てるのオススメです。できれば肌に優しい天然由来がいいですね。 この石鹸を一番固く、しかも充分に泡立つ絶妙な水の量を見つけてください。 毎日試していると、泡が壊れにくくて、肌に押し当てても潰れない泡が出来る水分量がそれぞれの石鹸にあります。

そして、その固い泡を優しく顔に広げて、泡で肌を洗います。

ちょっと毛穴に泡を押し入れる気持ちで洗うと毛穴の汚れが落ちる気がします。

そして温度は肌と同じぐらいがいいようです。 昔はちょっと熱めのお湯で洗うのがさっぱりして好きだったのですが、これだと油も潤いも皆流れてたようです。

で、洗顔の後は保湿&栄養補給です。

化粧水もまとめて沢山つけるより、手でつけるとき少しの量を手にとり、肌に押し付けるようにつけています。 これを何回か繰り返すと、一度にバシャバシャっと浴びるようにつけるより、ずっとよく肌になじみます。

その後は美容液をお忘れなく。

汚れを落としたら、充分栄養を補給しないと、アラフォーの肌は枯れちゃいます。 美容液なしでいけるのは30歳まででしょうか。 そして最後は乳液できっちり栄養と保湿を閉じ込めて、出来上がりです。