みなさんはエイジングケアという言葉をご存知でしょうか。 おそらくアンチエイジングと混同されてる方も多いのではないでしょうか。 両者はどちらも似たような意味ですが、少し意味合いが違っています。

 

たとえばアンチエイジングはみなさんもご存知のように年齢に抗うという意味があります。 ようするに年齢を重ねてもお肌の老化はなんとかして防いでいこうというのがアンチエイジングという事となります。

 

ですが、エイジングケアはそうではありません。 エイジングケアというのはお肌の老化を防ぐという意味というよりも、今の年を取った肌をどのようにお手入れしていくのかが問題であって、お肌の老化を防いでいく事とは違います。

 

ですから、エイジングケアというのは老化する事自体を否定するのではなく、老化した肌をいかにしてケアしていくのかがポイントとなります。 そして、このエイジングケアというのは最近各化粧品会社も頻繁に用いています。

 

それはアンチエイジングとは違ってエイジングケアというのは医薬品でなくてもその表示が許されているからです。

ですから、最近はアンチエイジングよりもエイジングケアという言葉が多く使われるようになってきました。

ただ上記の通りアンチエイジングとエイジングケアとの違いはしっかりと分けて考える必要はあります。