エイジングケアって言葉、よく聞きますよね。

でも一体何からやっていいのか分からないのが正直なところ。

ケアをやらなければドンドン衰えていくし、やれば遅らせることはできるわけで、だったらやらなきゃ損ですよね。

というわけでちょっとエイジングケアのお話をしたいと思います。

30代を超えて32歳が皺のピークと言われています。

これはちゃんと実験結果が出ているので逃げられない事実です。

ですから、30代になる前からちゃんとエイジングケアを始めることが大切です。

できれば25歳くらいから、化粧水をさっぱりタイプからしっとりタイプに変えてみるとか、保湿を意識していくことも大切です。

しみや皺はやっぱりUVケアです。

ちりめんジワの原因になりますから1年中日焼け止めを塗る、UV効果の入ったファンデーションを使うなど、基礎からやっていかなければ意味がありません。

出来てしまってからでは取り返しが付きませんし、出来た頃には年齢も重ねてしまっていますから、やはり取り戻すことは難しくなっていきます。

タバコもそう、タバコを吸っている人いない人では40代を境に歴然と差が出てきます。

外国人の50代の双子の実験結果では吸っているほういないほうでちりめんジワと、くすみが全く違うという結果が出ています。

活性酸素のイタズラにより血液の循環も悪くなりますから、若いうちは女性ホルモンも多いですし、コラーゲンも多いのでたいして差はありませんが、気が付いたときには遅い!ということになってしまいます。

特別なケアをしなくてもエイジングケアは出来ます。

早めにきちんとしたケアをすることで老化を遅らせることが出来るのです。

さぁ今日からエイジングケア!ですよ!