肌の老化などが始まる20代から、エイジングケアは始めていきたいものです。

エイジングケアは、アンチエイジングと同じようなもので老化に対するケアをすることです。

アンチエイジングは医薬部外品などで使うことが出来ますが、薬事法に抵触する恐れがある化粧品の類にはアンチエイジングという言葉を使用することが出来ません。

そこで、エイジングケアという言葉を使っているのです。

老化に対する肌の手入れ自体をエイジングケアと認識していれば良いでしょう。

 

さて、エイジングケアは老化に対する肌の手入れであるということですから、当然やっておいて損はありません。

むしろ20代からでも始めておけば、30代40代と加齢をしていった際に明らかに差が出てきます。

特に違いが出てくるのが、顔です。

いわゆる目元や口元の皺やほうれい線、肌のたるみや皮膚のくすみ、乾燥肌といった様々な現象が現れてきます。

そのような現象に対して調節された化粧品がエイジングケア化粧品なのです。

エイジングケア化粧品は自身の年齢や肌の状態などに合わせて使用する必要があり、どれか一つを使い続けるというのは愚策です。

しっかりと現在の自分の肌と向き合い、どのような部分に効果があるケアが必要なのかを把握して化粧品を使うことが、エイジングケアの基本となります。

わたしが気になるおすすめ化粧品はコレです→ビーグレン